未分類

荷物が少量の引越しは引越し業者以外でもできる!?

投稿日:

4月になると、大学に入学したり会社に入社したりと人の移動が多くなります。自宅から一人暮らしの為に引越ししたり、或いは既に一人暮らしの人が引越しする際には荷物が少量の為に、引越し業者に依頼しようか迷う人もいることでしょう。引越し費用をなるべく安く済ませたい場合にはどの様な選択肢があるのでしょうか。

・どれくらいの荷物の量までを少量と言うのか

引越しをする際に、どれくらいの荷物だと「少量」と言えるのでしょうか。 基本的に大型家電や家具がなく、一人で運べるものばかりであること、段ボールの数が10個~20個位であれば、少量と言えます。 自家用車がワゴン車などの場合は自分で引っ越すこともできますが、レンタカーにすると意外と高くつくのでまずは業者からの見積もりを取りましょう。

・引越し業者に頼むならば単身パックがお勧め

引越しは荷物が少量でも運ぶ距離は変わりません。 同一市内ならばまだしも、距離が遠いとそれだけ手間もかかるし体力も必要とします。 引越し業者に頼んだ方が一日中荷物を運ばなくて済むので翌日の疲労度が違います。

最近では引越しプランとして格安の単身パックを用意している業者もあります。 また、荷物を運ぶだけで梱包から設置まで全て自分ですればより安くなるというプランもありますので、調べてみることが大切です。

・赤帽を利用する

赤帽とは、軽貨物運送の自営業者による協同組合の総称です。 全国各地に加盟している事業主があるので近場の引越しに強く、料金も2万円程度からと格安です。 赤帽は引越し業者ではなく、軽トラックとスタッフを時間でレンタルする様なもので、自分で率先して作業を手伝う必要がありますが、荷物が少量の場合とにかく料金を節約できます。

・宅配便を利用する

最近では宅配便の郵送を利用するという方法もあります。 宅配便の場合、単身パックを設けているところもあり、冷蔵庫・洗濯機・電子レンジなど基本の生活家電も運んで貰えます。 宅配便という名目ですが、引越し専用の大型ボックスを使用して配送してくれて、搬出や搬入まで任せられますので、手軽で便利です。 この専用ボックスに荷物が入らない場合には追加料金が発生します。 更にパソコンやピアノなどがあると、専用パッケージでの配送になるので、最終的に引越し業者に依頼した方が安上がりだった、という場合もあります。 段ボールなどの梱包資材に関しても自分で準備する必要がありますので、基本料金だけで考えない様にしましょう。

引越し業者は「引越しのプロ」ですので、あらゆる状況を想定してサービスを提供しています。 少量の荷物でも、実際に運ぶもものや移動距離、時期や時間帯までを良く考えてどこに依頼するか決めることが大切です。少量の引越しでおすすめの業者はこちら

-未分類

Copyright© 引越しあれこれ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.